SalesforceのAPIバージョン廃止に対応したパッケージの公開について

ホーム フォーラム ReportsConnect for Salesforce SalesforceのAPIバージョン廃止に対応したパッケージの公開について

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にttmにより2年、 1ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #657
    ttm
    参加者

    平素はReportsConnect for Salesforceをご利用いただきましてありがとうございます。

    さて、SalesforceのSummer’22メジャーリリースで、APIバージョン21.0~30.0が廃止されます。
    これに伴い、各コンポーネントのAPIバージョンを更新したパッケージを公開いたしました。
    お使いの組織にてインストールをお願いいたします。

    弊社HPの「無料版ダウンロード」よりパッケージを取得いただけます。
    ReportsConnect for Salesforce バージョン1.40

    https://www.reportsconnect.com/rc5#free

    ■パッケージの更新内容とインストール手順
    ・SalesforceのSummer’22メジャーリリースで廃止されるAPIバージョン21.0~30.0を利用しているコンポーネントを更新しました。
    ・パッケージをインストールするだけで、APIバージョンの廃止に対応します。
    ・パッケージのインストール以外の設定変更(帳票レコードの設定やApexクラスの修正)は必要ありません。

    ■パッケージを更新しない場合の影響
    ・APIバージョン21.0~30.0は、Summer’23リリースまでは、引き続きアクセスが可能です。
    ・Summer’23リリースまでにパッケージを更新しないと、APIコールが失敗して、エラーメッセージが表示されます。
    ・Summer’22メジャーリリースの詳細は、下記のヘルプページをご覧ください。

    ■参考情報
    Salesforceヘルプ:Salesforce Platform API バージョン 21.0 ~ 30.0 の廃止
    https://help.salesforce.com/s/articleView?id=000354473&type=1

    以上です。
    本件についてご不明な点等ございましたら、本トピックにご投稿ください。
    今後ともRepoersconectのご利用をよろしくお願いいたします。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。